家庭用ソーラーパネルで頭を悩ます光熱費を削減!設置のポイントなどを紹介!

このサイトでは、家庭用ソーラーパネルを導入することによって、家計の中でも頭を悩ませる光熱費を削減できる魅力について解説していきます。
設置をする場所や実際に設置するときのポイントなども紹介していきますから、太陽光発電を自宅で活用したいときに役立つ知識を簡単に手に入れることができる筈です。
メーカーで性能に違いがあるような特徴もありますし、屋根に設置をすることで得られるメリットも説明していきます。

家庭用ソーラーパネルで頭を悩ます光熱費を削減!設置のポイントなどを紹介!

家庭用ソーラーパネルを利用することで、家計の中でも負担が大きい光熱費を効率的に削減していくようなことができます。
家庭用ソーラーパネルは基本的に屋根など設置をすることになりますが、業者に相談をすることによって設置する場所などをスムーズに決めていくことができる筈です。
家庭用ソーラーパネルを導入するときは、ランニングコストも重要なポイントになってきますから、分からないことがある場合は業者に早めに相談をするのが大切になります。

発電量に影響するソーラーパネルの発電効率

ソーラーパネルには発電効率という数値が示されています。
これは、理想的な光の照射状態にある際に、そのソーラーパネルが光エネルギーのどれくらいの割合を電気エネルギーに変換できるかを示しています。
物理学の法則に従い、エネルギーは無から生み出すことはできませんので、この効率についても100%を超えることは原理的にあり得ません。
実際のところは、技術開発が進みつつある現在においても、20%程度がせいぜいのところです。
あまりにも効率が悪すぎるのではないかと思う方もいるかもしれませんが、光を電気に変換するのは素人的に考えても容易なことではないというか、ある意味でよくそんなことが単なるパネルでできるなと思うくらいで、しかも太陽エネルギーは無料で無尽蔵なのですからあまり文句は言えません。
もちろん高ければ高いほど良いに決まっていますが、実際には天候とか設置角度などに左右される側面のほうが大きく、そこまでこだわる必要はありません。

自宅の屋根に取り付けるソーラーパネルの設置費用

自宅で使う電気は電力会社から購入するのではなく自分で作りたいと考えて、屋根にソーラーパネルを設置しようと考えている方が結構いるかと思われます。
環境に良い発電方法として注目されており、人気がどんどん高くなっています。
災害が起きてライフラインがストップしたときに備えられることも魅力です。
ソーラーパネルの設置費用は、1kwで28万円くらいなので、一般的な住宅であれば100万円から130万円が相場です。
また、設置費用だけでなく、メンテナンス費用もかかってしまいます。
何もしないでいるとソーラーパネルの発電効率が低下してしまうため、定期的なメンテナンスが必要です。
そして、故障するリスクがゼロではないことにも注意しないといけません。
巨大台風の直撃でソーラーパネルが壊れてしまうことがあるので、できれば保険に加入しておくのが望ましいです。
修理にも数十万円以上かかるので、保険に加入していないとかなりの負担になります。

ソーラーパネルを設置すると必要になるその他の設備

ソーラーパネルは、それ単体で設置してもほとんど何の意味もありません。
ソーラパネルは太陽光で電気を生み出すものですが、パネルだけでは生み出した電気を利用する術がないわけで、電気配線などをしっかり行って初めてまともに利用できるようになります。
ソーラーパネルと言えばこのような配線設備も含まれていることが普通ですので、あまり深く気にする必要はないとも言えます。
これ以外のオプション的な設備で最もよく挙げられるのは蓄電池でしょう。
蓄電池はパネルの運用に必須というわけではなくあくまでオプションですが、これがあればより効率的な利用が期待できます。
ソーラーパネルは、日光が当たっている間は発電できますが、夜間はできません。
また発電して家庭内で消費しきれなかった余剰分は、電力会社に売ることもできますが一旦蓄えておいて後で自分で利用するほうが経済的メリットが大きいです。

法定耐用年数以上に使えるソーラーパネルの耐久性

ソーラーパネルですが、法定耐用年数は17年とされています。
これは企業が設備として減価償却を行うときの基準となる年数のことであり、ソーラーパネルに限った話ではありませんが実際の耐久性をそのまま示しているわけではありません。
17年はあくまでも税金の計算に用いる際の年数に過ぎないということです。
ソーラーパネルは、広く一般にも普及しだしてからまだそれほど年月が経過していませんので、将来的なことはなかなか正確には言いにくいのですが、きちんとメンテナンスをしていれば30年程度は持つとされています。
年月の経過とともに劣化していくことは避けられませんが、現在の技術水準から言えば30年経過しても劣化の程度は10%程度に留まり、大きく性能を損なうようなものではないと考えられるからです。
ただしこれは現在の技術水準を元にした試算であって、過去に生産されたパネルではより早い時点で使用に耐えなくなることはあり得ます。

筆者:北谷光希

筆者プロフィール

沖縄県名護市生まれ。
ソーラーパネルとはどういったものなのか、気になったので調べてみました。
ソーラーパネルを探す